味トレンドアンケート第2回集計結果

弊社が行う初めての試み、その名も「味トレンドアンケート!」

今回はメルマガ会員の皆様にご回答いただいたコンビニ「ロールケーキ」の集計結果をまとめました。弊社メルマガ会員の皆様は飲食に関連した方々が非常に多いのが特徴です。そんな飲食のプロの方々は「コンビニロールケーキ」に対してどのようなご意見をお持ちなのでしょうか?その結果をここに発表します!!

調査に関する内容
テーマ「コンビニロールケーキ」について
調査対象味香り戦略研究所が発行するメールマガジン会員の皆様
調査期間2010年7月14日~2010年8月31日
有効回答数31名
スイーツに求めるものは?
Q1ではスイーツに求めるものは?を聞いてみました。 「しっかりした歯ごたえやボリューム」を求めた人がなんと0%!現在のスイーツに求められているものは甘さ、コク、しっとり感のようです。そういわれてみると、今のクリーミーなプリンや「生」スイーツはそれに当てはまりますよね。
一食のスイーツに出していいお値段は?
次にお値段についてもお伺いしてみました。1回のスイーツで500円以上はやっぱり高いみたいで、200円から500円がお手ごろ、という方々が多いみたいです。そういう意味ではコンビニってお手ごろなんですね。ちなみに今回の大手3社コンビニロールケーキはみんな150円です。
次のロールケーキのうち一番好きなのは?
今回ご協力してくださった方々の人数が若干少ないので、世論を反映というわけではありませんが、御覧の通り、ローソンプレミアムロールケーキがすごい人気です。うーん、この秘密はいったいどこにあるのでしょうか!?味分析で検証してみました!
ローソンを回答した人
人気の秘密はひとつアンケート結果からも分かりそうですよ! 右の図はQ1で回答した「しっとり感」・「濃厚なコクや甘味」を選んだ方が、どれだけローソンプレミアムロールケーキを1番の好みに挙げたか、その割合を示したものです。すると、「濃厚なコクや甘味」を選択し、かつローソンプレミアムロールケーキを挙げた人は55%なのに対して、「しっとり感」を選んだ人では約73%。つまり「しっとり感」が好きな人はそれを期待してローソンプレミアムロールケーキを買うということですね。しっとりとしたロールケーキ。これがローソンプレミアムロールケーキの人気につながっているのではないでしょうか?
ローソンを回答した人 さらに味データを見ていきましょう。こちらのデータは標準化という処理をして、特徴がより大きく表れるように見えています。必ずしも人がこの数値の差ほど味に違いを感じるというわけではないので注意してくださいね。
ローソンプレミアムロールケーキは、クリームのコクが強いですね。ファミリーマートリッチロールは甘さ、乳脂肪感、味の余韻など全体的に濃厚で、セブンイレブン極上ロールは味の余韻が飛びぬけて高いです。三社三様、それぞれ味わいの特長が大きく異なるわけです。ここで思い出してほしいのが、アンケート結果では、濃厚なコクや甘味、しっとり感がスイーツに求められていたということ。ローソンは味データからもその条件を満たしていますが、ファミマも濃厚ですし、セブンも後味は一番強いです。ではなぜ? ここで、味データからわかることがひとつ。味の余韻がない、つまりキレ感が高いのです。コクがあるのにキレがある、なんてビールのキャッチコピーみたいですけど、この「濃厚なのに後味すっきり」というのも人気につながっているのではないでしょうか。
いかがでしたか!? 第2回味トレンドアンケート。もちろん味の好みは人それぞれなので、ここでの結果はあくまで ここでの結果としてお楽しみください。最後に、アンケートにご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!!
○味トレンドレポートとは? 味覚データと属性データ(売上金額、アンケート、シェア率並びに独自に取材を行ったデータなど)を掛け合わせて分析した「味に対するトレンド」やカテゴリーごとの味の特徴、新商品の特徴をレポートする情報サービスです。
⇒お申込はこちらから