味トレンドレポート・番外編「味」への好奇心旺盛な社員が、とっておきのトピックをお届けします!

ビール
続々発売!注目される小売り限定NBビール!


  ここ数年、プライベートブランドのビール類が各々の小売店ブランド名で発売されている。その手軽な値段は清涼飲料より安い値段となっているものも多く、消費者に好評のようだ。また昨今はコンビニや大型小売店向けに大手ビールメーカーが限定発売する商品も増えてきている。限定NB品の商品は消費者の心をつかむことができるのだろうか。

限定ビールの味わいとは
図1

  図1は縦軸にホップ由来の苦味(苦味雑味/食)、横軸に酸味由来のキレ(酸味B)を用いたビール系飲料のポショニングを示した二次元散布図である。右下行くほどキレのあるさっぱりとした飲み口であり、スーパードライなど一般的なビールが中央に位置し、左上に行けばしっかりとした苦味とまろやかさが特徴の濃醇なプレミアムビールや特徴的なブルワリーのビールが位置する。

  今回注目した限定NBの3品(右商品写真参照)は、ビール~プレミアムビールの商品が位置するゾーンにマッピングされた。いずれもコクがあり、ビターホップ、アロマホップの使用、長い熟成期間などを駆使して作られたこだわりの商品ならではの味が楽しめる。

  図2に味わいの全体的なバランスを示した。それぞれ苦味の先味・後味が強く、また酸味を抑えることでまろやかなうまみが際立つ特徴的な製品となっていることがわかる。ビール好きであれば、その小売店に足をのばして購入されても充分満足感が得られる製品と言えるだろう。これからの暑い季節、類似の製品を含め動向を注目していきたい。

【図2】

図2