島根の味覚エビデンスブック発刊のお知らせ

 本年1月25日に島根県商工会連合会の事業の一つである「島根県産品の東京多摩地域販路開拓事業」において『島根の味覚 エビデンスブック』を制作、発刊いたしました。
 当事業では、島根県の食品の「味」を味覚センサーで数値化し、首都圏の売れ筋の味と比べることで、県産品の「味わいの特長」を消費者や外食産業、流通小売業のバイヤーなどにダイレクトに伝える新しい試みとして取組みました。島根県産品はあと味の良さが特長で、食べた後じわっと残る味の深み、まさに『滋味』のある食品が多く「じみ旨」島根の味が分析結果から明らかになりました。

電子ブック
http://jp32.jp/dbook/dbook_shimane_evidence/pageview/pageview.html#page_num=0

このページのトップへ戻る