2017.11.17

[味香り戦略研究所 自主調査結果リリース]

今年のボジョレーヌーボーの味わいとは?!

味香り戦略研究所では、創業(2004年)以来10年余りにわたり、毎年、ボジョレーヌーボーの代表製品の味覚分析を実施してまいりました。そして、本年も解禁日に合わせ、味覚分析を実施いたしました。本年のジョルジュ・デュブッフ(GD)のボジョレーヌーボー(BN)の特徴はいかに…

「ここ12年でもっとも平均的な味わいで、ザ・ボジョレー・ヌーボー!」
「昨年と似ていますが、ボディ感がしっかりで、渋味の余韻のキレが良い♪」
「似ている年は2008年」と呼べるのではないでしょうか。

実際飲んでみましたが、酸も比較的まろやかで渋味も程よく、ボディ感もあります。そのままでも、料理にも合わせやすく、良い意味で飲みやすい味わいに仕上がっていると言えます。今年のぶどうも熟成したらよりなめらかでマイルドになるのかも知れません。

【図1】

図1

味香り戦略研究所について

味覚センサーなどによる食品の味の数値化がコア技術。
2004年9月の設立以来、ため込んだ10万アイテムを超える味データなどをデータベース化し、商品開発や品質管理、売場づくりといったコンサルティングを行うほか、独自のノウハウを基に味にまつわるセミナーや講演活動を行い、食品産業に貢献しています。
【URL http://www.mikaku.jp/】

本件に関する報道関係者 お問合せ先

株式会社味香り戦略研究所 髙橋
TEL 03-5542-3850 / FAX 03-5542-3853 / お問い合わせフォーム