食のトレンド最前線

NO.2 国立薬膳カレー

国立薬膳(くにたちやくぜん)カレーは厳選された30種類のスパイスとハーブを使った美味しいカレーです。ラードやヘッドなどの動物性の脂は極力控え人工的にとろみをつける増粘剤と小麦粉は一切使わずじっくり煮込んでとろみを出しています。これによって食べた後に胸やけや胃もたれを起こして気持ち悪くなることがありません。

国立薬膳カレーの特長
ハーブやスパイス30種使用
厳選されたハーブとスパイスを使いじっくり煮込みました。
国立薬膳カレーの自然なとろみは、野菜や肉から溶け出たものです。
胃にやさしい大人のカレー
動物性の脂は極力控え小麦粉・増粘剤を一切使用しないので、
消化が良く胃もたれを起こしにくいカレーです。

※動物性の脂と増粘剤・小麦粉ですが、これらはお腹の中で混ざり合い、
糊状のものになります。そして、人間の平熱(36~37度)では
時間をかけないと溶けません。これが胃もたれの原因となります。