活用事例

味香り分析、フードペアリング等に基づくブランディング、市場開拓戦略に関するセミナーを実施

本事業では、北海道観光の拠点となる新千歳空港や札幌市からほど近い空知、石狩地方に所在する新旧酒メーカー4社が、100年、200年先まで生き残る地方発の酒造りを目指すため、地産地消、日本版テロワールの考え方に基づき、オンリーワンの酒として自社製品を再編集・商品開発し、北海道への感度の高い外国・地域のプレミアムな外国人層をターゲットに販路開拓に取り組みました。

科学的フードペアリング手法を用い、インバウンド客(特にプレミアム)向けに集客ツール開発、市中飲食店等でのフードペアリングメニューの開発及び提供、これに連動させる形で顧客を取り込むメンバークラブ等を作り、4社の情報を継続的に発信するとともに、母国に戻っても簡単に再現可能なフードペアリング情報などSNSを通じた情報発信を現在進行中です。また、この新たに開発した事業モデルを海外における商談会にも応用し新規販路開拓を行う基盤を構築しました。

本事業ではこれらの取組みや手法を地方の中小の蔵元や事業者などにもご紹介し、味香り分析等を活用し、地産地消、ジャパニーズテロワールの考えに基づく北海道産酒のブランド化、大手企業には規模では勝てない小振りで良質な製造業でも、プレミアムな外国人市場を開拓することにより生き残りをかけることができる独自のブランド化手法を採用することにより、その手法を業界全体に対しても問題提起、希望する企業には採用していただく働きかけを企図し、本事業の取組みを紹介するWEBセミナーとして開催しました。セミナーの発表内容について関心がある方は、以下の窓口までお問い合わせください。



「北海道に100年企業を」スライドイメージ1

「北海道に100年企業を」スライドイメージ2

「北海道に100年企業を」スライドイメージ3

本件に関するお問合せ先

株式会社味香り戦略研究所 (担当:吉田)
TEL 03-5542-3850 / FAX 03-5542-3853 / お問い合わせフォーム