[無料ZOOMセミナー]
【8月25日開催】
ハナマルキが実践する味の見える化と商品開発/営業への活用

日程

2022年8月25日(木)13:00~13:45

【定員は200名を予定しています】

受講料

無料

対象者

食品メーカー(企画・開発・研究・マーケティング・営業)、食品流通(小売業、食品卸売業など)、地方自治体の皆様
味覚センサを保有しているメーカー、研究機関、実務者、味覚センサ事例を知りたい方

講演者

ハナマルキ株式会社 マーケティング部 広報宣伝室 係長 杉山 麻衣子氏

2019年、ハナマルキ株式会社に中途入社。
マーケティング部広報宣伝室にて、「液体塩こうじ」「追いこうじみそ」を中心とした商品プロモーションやコーポレート広報に取り組む。現在は、リクルーティング室を兼任し、新卒採用活動も担当。


株式会社味香り戦略研究所 研究開発本部 取締役研究開発本部長 早坂 浩史

水処理プラントメーカーを経て味香り戦略研究所の親会社である総合商研株式会社に入社。味覚ソリューション事業立ち上げから携わり、WEB制作、映像編集などの業務を担う。
2009年、株式会社味香り戦略研究所に転籍し味データの分析・活用を担当。2021年より現職。

モデレーター

エキサイト株式会社 執行役員 兼 SaaS事業部長 大熊 勇樹氏

ベンチャー企業での管理職を経て大手ITグループ企業の統括マネージャーを経験。
2017年株式会社ギブリーに社長室付入社。執行役員として新規事業開発、商材開発に携わり、WEB接客ツール【SYNALIO(シナリオ)】開発の指揮を取る。2021年4月、エキサイト株式会社に入社し、執行役員就任。SaaS事業部を管掌。

内容

今や食品の世界にも欠かせないデータの分析・活用。その中で、「商品そのもの」を分析・データ化する味香り戦略研究所の食分析では、「味の見える化」を実現することができます。
実際に味分析を実施した味噌メーカー・ハナマルキの新商品「追いこうじみそ」を例に、食分析データの可能性を考えます。

※内容は変更になる場合がございます。

お申込期限

2022年8月25日(木)11:00まで

◆本セミナーはZOOMを使用します。
◆お申し込み後の自動返信メールから、ウェビナーへの事前登録をお願いいたします。
◆事前登録されたメールアドレスへ《参加用URL》が届きますので、そちらからセミナーへご参加いただけます。
◆自動返信メールが届かない方は、お手数をおかけしますがsales@mikaku.jpまでご連絡ください。
◆同業者の参加はお断りしております。


味香り戦略研究所について

「食」を科学する株式会社味香り戦略研究所では、味・香り・食感等の「おいしさ」の可視化技術を活用し、10万件を超える食品の味覚データベースを構築。これを基にフードデジタルソリューションサービス、具体的にはパーソナライズド食品の開発や海外マーケットに向けての味のカスタマイズ、味覚と健康に関するコンサルテーション等を提供しています。
【URL https://www.mikaku.jp/】

本件に関するお問合せ先

弊社営業担当、もしくはセミナー担当(植田)まで
TEL 03-5542-3850 / FAX 03-5542-3853 / お問い合わせフォーム